みなさま、MHスクール校長の林みきです。
先日、ロンドン、チャリングクロス駅からナショナル・レイルで約40分のところに位置し、「英国の庭」と言われているケント州の、セブンオークスに行ってまいりました。今回は、この風光明媚な場所で開催されている、友人のアーチストの展覧会の様子をご覧に入れたいと思います。

◆アーチストの友人、スージーと。

◆コンテンポラリーアート

◆クリエイテイブアート

◆スカルプチャー

◆展覧会にハッシュ・ヒースのスパークリングワインの案内もありました。近年、英国も地球温暖化の影響を受けてワイン栽培に適した土壌へと変化を遂げていると言われており、多くのワイナリーがスパークリングワインを生産し始めています。

展覧会の後に、近くの貯水池の見学と散歩をエンジョイしてまいりました。

◆ボウ・ビーチ貯水池
ここにはたくさんの「古代の木」や「果樹園」がありますので、たくさんの野鳥が生息しています。週末には、多くのバードウオッチャーが訪れる人気スポットのようです。

人気の散歩コースでもあります。

今回の展覧会を訪問して一番感動したのは、最初の写真の背景に描かれている動物の絵です。本物の動物、特に「犬」と「猫」が本物のごとく愛らしいです。久しぶりにほっこり気分になりました。やはり動物は癒しになりますね。イギリス人の動物好きはわかっていたつもりでしたが、ここまで徹底して絵を描くとは。。感心、感動の作品でした。