みなさま、こんにちは。MHスクール校長の林みきです。ノースケント州、キャッスルファーム、ラベンダー見学ツアーに参加してまいりました。セブンオークス、キャッスルファームはロンドン、チャリング・クロス駅から約40分ほどの距離にあります。キャッスルファームは、”英国最大のラベンダー生産地”と言われており、2000年から栽培を始めて、2015年には3260リットルの精油が収穫できたそうです。今年のイギリスの気候は、ラベンダー栽培者にとって最高の年のようで、品質の良いラベンダーの精油が楽しめそうです。今回はキャッスルファーム、ラベンダーツアーの様子をご紹介します。

◆ラベンダー農園見学ツアー
約90エーカーのラベンダー農園見学ツアーでは、ラベンダーの紹介、収穫方法、水蒸気蒸留法装置、様々なラベンダーのタイプと複数の使用方法について学ぶことができました。

◇ラベンダー農園の説明

◇自由にラベンダー摘み
 

◇ラベンダーの収穫
 

◇お庭の風車のオーナメント

◇遠方に見えるラベンダー農園の風景

◇蒸留プラント

◇水蒸気蒸留法の説明

◇プロダクトの紹介

◇ホップショップ
家族農家、キャッスルファーム「ホップショップ」では、農家の牛肉、リンゴ、リンゴジュース、ホップ、ドライフラワー、ラベンダー、ハニー、工芸品、季節の装飾品などが販売されています。

◇ラベンダーのリース作成のデモンストレーション


                    
キャッスルファームに到着すると目の前に広がる紫色のラベンダー農園は、まるで紫色のカーペットの上にいるような錯覚におちいるほど、それは美しい光景でした。さらにラベンダーの濃厚な香りにも心が満たされ癒される、至福の時間が流れるラべンダーツアーでした。