みなさま、こんにちは。MHスクール校長の林みきです。2019年が始まりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。新年の最初にご紹介いたしますのは、現在、ロンドンアルドウィッチ劇場 「Aldwych Theatre」で上演中の「ティナ・ターナーミュージカル」です。

Aldwych Theatre

Tina

Theatre内の様子

カーテン

本作品は、デビュー作「マウンテントップ」でオリヴィエ賞を受賞したアメリカの劇作家、カトリ・ホールの脚本によって構成されています。「ティナ・ターナーミュージカル」はつねに世界的大ヒットを生み続けてきた偉大なミュージシャン、ティナ・ターナーの貧しい少女時代からロックン・ロール・クイーンになるまでの激動の半生を描いています。

また本作品は、12のグラミー賞を受賞しています。フランク・ケテラー(脚本家&監督)、キース・プリンス(俳優)、映画「マンマ・ミーア」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」などを手がけた、フイリダ・ロイド(舞台監督)、マーク・トンプソン(衣装デイナー)、アンソニー・ヴァン・ラースト(振り付け家)、ニコラス・スキルベック(音楽監督)の各氏との世界最高のコラボレーションの作品です。

メインキャスト、ティナ・ターナ役は、ブロードウェイでトニー賞ノミネートを果たした、エイドリアン・ウォーレンです。アイク・ターナー役には、コブナ・ホールドブルック-スミスです。彼は2015年にバービカン劇場でハムレットのベネディクト・カンバーバッチと一緒にラルテスを演じました。

Adrienne Warren

Kotori Hall, Phyllida Lloyd and Adrienne Warren (リハーサル)

Adrienne Warren and Kono Holdbrook-Smith

Tsemaye Bob-Egbe, Jenny Fitzpatrick, Perola Congo and Sia Kiwa

ティナ・ターナーのミュージカルショーを観劇して心を動かされたのは、彼女の型破りな人生だけでなく、年齢や性別、競争にとらわれない生き方でした。またエネルギッシュなミュージカルと物語も素晴しかったです。タイムレスに愛されるティナ・ターナーの数々の大ヒット曲にはとてもエキサイテイングさせられました。

※劇場内の写真撮影は禁止のため、パンフレットのお写真をご紹介しました。