みなさま、こんにちは。MHスクール校長の林みきです。クィーンズクラブ、センターコートで開催されたテニス大会「フィーバーツリーチャンピオンシップ」のクォーターファイナル(準々決勝)の観戦に行ってきました。フィーバーツリートーナメントは、男子プロATPワールドツアーの年次イベントで、クィーンズクラブは、ウェストケンジントンの中心部に位置しています。1886年に創立されたクラブは、ビクトリア女王の名前にちなんでつけられました。世界でもトップクラスの芝生テニスクラブです。日本人では、清水善造が1921年にクィーンズクラブチャンピオンシップで優勝しました。選手の写真が少し撮影できましたのでご紹介いたします。

 

・マリン・チリッチ(クロアチア)とサム・クエリー(アメリカ)の対戦

・フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とニック・キリオス(オーストラリア)の対戦

・アドリアン・マナリノ(フランス)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)の対戦
テニススコアボード参照

・会場を後にするアドリアン・マナリノ

・会場を後にするノバク・ジョコビッチ

・クラブハウス内 ランチルーム

・クラブハウス内の表彰のディスプレイ

・ジェレミー・シャルディー(フランス)とフランシス・ティアフォー(アメリカ)の対戦
 

・会場を後にするジェレミー・シャルディー

センターコートで観戦したフィーバーツリーチャンピオンシップでは、一流選手を目の前で観ることができ、何とも言えないエキサイトな時間を過ごすことができました。テレビ観戦とは比べられないほど、プレイヤーの迫力感は格別でした。そしていよいよウィンブルドン開幕です!