みなさま、こんにちは。MHスクール校長の林みきです。先日、ロンドンの中心部に位置するフリート ストリートの一角にあるセント・ブライド(St Bride’s) 教会に行ってまいりました。この教会はジャーナリストの教会としても有名です。セント・ブライド教会の建物は、Sir Christopher Wren (1632-1723 / イギリスの建築家・天文学者)によって設計され、1703年に完成しました。優雅な尖塔の層は、伝統的な階層型ウェディングケーキのインスピレーションになったと言われています。

◇ロンドン セント・ブライド教会

◇身廊
身廊でフルートのリハーサルをするKyoko Ohara

◇祭壇

◇セント・ブライド教会について
セント・ブライド教会は、第二次世界大戦で爆破され、1957年に再建されたこのサイトの第8番目の教会です。Virginia Dare(1587-没年不明 / アメリカ大陸で出生した最初のイギリス人) の両親が結婚した場所でもあります。

◇世界で亡くなられたジャーナリストの方たちの祭壇
日本のジャーナリスト後藤健二さんの写真も飾られてます。

◇亡き、後藤健二さん
アフリカ、中東の戦争や紛争、難民、貧困の記事を書いた日本のジャーナリスト後藤健二さん。2015年2月1日シリア近くでISILのテロリストに殺害されました。殺害に関してイギリスのキャメロン首相が声明を発表しています。

◇クリプト

◇19世紀の鉄の棺

◇キャリー スタッフォードの記念碑
ガラス製造者のCarey Staffordの記念碑 1788年

◇14世紀のチャペル
新聞社経営者のハルワース家族がここで毎年戦争記念祭を行っています。

1950年にグレード1の建物に指定されたセント・ブライド教会の建築の美しさに感動しました。国際的に活動した後藤健二さんが世界で最も有名な教会で英雄として崇拝されていることは誇りに思いました。