IIRリフレクソロジーとは  MH School of Holistic Studies

IIR_TEXT.png

fact_TITLE.png

SPACER.gif

history_TXT_01.png
リフレクソロジーとは?
factsaboutreflexology.png
リフレクソロジーは、アメリカやヨーロッパでは代替医療のセラピーとして認識されています。体全体は、足や手と関係があるという考え方をもとに、足や手に現れる痛みや不快な部位を施すことにより、体の調子を全体的に整えて人間が本来持っている免疫力を高めるホリスティックセラピーであると考えられています。

リフレクソロジーの語源はreflex(反射)+logy(学問)、「反射学」という意味です。
日本では反射療法と訳されることが多いようです。

なぜ、リフレクソロジーは「反射学」または「反射療法」といわれるのでしょう。それは人間の体の臓器、骨、神経などの各部位が、足や手、耳などの各部分に投影され反射、関連している、という考え方に基づいているからです。特に足はその典型的な例で、体全体が投影されていると考えられてます。
リフレクソロジーは足を刺激する事で関連する体の部分が癒されると考えられる学問です。

リフレクソロジーは、器具などを使わずに、手と指で反射ゾーンを刺激することにより、ストレスや疲労などの原因で滞ったエネルギーを活発にさせます。
弱った機能を活性化させることで、血液やリンパの流れを促進し、新陳代謝を良くします。身体が健康で調和の取れた状態になるのを助け、本来持っている自然治癒力を高めるという健康法、自然療法です。


history_TXT_02.png
インガム・リフレクソロジー・メソッド®の特色は?

Eunice D. Ingham(ユニス・インガム)と彼女の甥のDwight C. Byers(ドワイト・C・バイヤース)が築きあげたリフレクソロジーです。

リフレクソロジーの生みの親である、ユニス・インガム女史が発明した特殊なテクニックで、彼女が作成したフットチャートをもとに行います。器具も道具も使わず、手と指で足裏をウォーキングすることで、心と体のバランスがとれるというホリスティック・アプローチのリフレクソロジーです。


インガム・リフレクソロジー・メソッド®の特色は、70年以上の歴史に基づいた知識と、技術、そして数多くの実症例をもとに確立されていることです。
実症例は、物理療法士のユニス・インガム女史が病院でDr. Rileyという医師のサポートのもとに、患者のリハビリにリフレクソロジーを活用して得た真実の効果と経験からできているリフレクソロジーです。

リフレクソロジーの理論

リフレクソロジーの理論は、ユニス・インガム女史が、Zone Therapy(ゾーン療法)を参考にして作成したフットチャートに基づいています。
「人間の足は体中の器官全てと関係がある」という事を発見し、足の反射ゾーンを刺激する方法です。

足の反射ゾーンは、体の各器官や箇所の反射点で、足の下から膝関節までで、約64ヶ所ほどあるとされています。
リフレクソロジーとは、足の裏の反射区を親指でもむ方法で刺激する事により、その反射区と関連する器官の循環を良くし、各器官の働きを正常化させる健康法の理論です。

リフレクソロジーは、解剖生理学や神経学を基本としています。足や手の部位の痛み不快感などは、体の他の部分の不調の表れだとする考え方です。その痛みや、不快感のある部分と、不調のある体の部分を施すと体の不調を全身的に整えて、健康を取り戻すという、全体的な治療方法の考え方です。

リフレクソロジーは、ホリスティックセラピー、バランスの回復ができるという考え方で、英国や欧米各国で代替医療の分野にあり、リフレクソロジーが医療現場で西洋医療を助ける療法といわれ、広く活用されています。がん患者、闘病生活者の緩和ケア、またはホスピスでクオリティーライフが送れるように、リフレクソロジーの技術が活用されています